img-1

永代供養墓とはどのようなものか

死んだら行くのはお墓だとみんなは思っているはずです。

葛飾区の新築一戸建て関連情報サイトです。

だけれども本当に自分の身に当てて考え始めるのはいつなのでしょうか。


家族の誰かが亡くなるといっても若い時代でしたら、それは祖父とか祖母であるため何にも考えずに先祖が入っているというお墓に手を合わせるだけです。

名古屋のデザイナーズマンションの情報がてんこ盛りのサイトです。

そして、成長してからは実家から離れて仕事のためですが、暮らしはじまます。時々に帰省をしてお墓まいりをするのです。
それが今度は自分の両親が亡くなると実家に帰ってきても誰も喜んで迎えてくれる人がいないところには自然と足が遠のいていくのを感じます。



その時に初めて自分が死んだ後の永代供養墓を考えるのです。
今は遠く実家から離れて暮らしていて家族も多くない人が増えてきています。



死んだ後に実家の墓に入ったとしてもいつまでも誰も訪れないままに過ぎていくのが目にみえます。
現在でもお墓にいくのが殆どないような生活をしている時に、永代供養墓の存在を知るのです。

そこでだったら誰かが来てくれるのを待ってお墓にぽつんと居なくて良いのです。子供がいても、子どもにそのお墓にいってお参りをしなくてはならないと、自分の生活のリズムを崩してほしくないと思うのです。

死んだ後には誰にも何にもできないのです。思い出すのは心の中で充分なのです。


逝った人のことでは無く、生きている人自身のことを考えて生活をしてもらいたいのです。



永代供養墓でたくさんの人たちと仲良く暮らしていると思って安心してもらいたいのです。



関連リンク

img-2

永代供養墓と宗派について

永代供養墓の申し込み条件は、管理者によって異なり、生前申し込みに限るところもありますが、ほとんどの場合は故人の遺骨も受け入れることができます。永代供養墓の宗教については、宗教が一切不問で、仏教、キリスト教、神道、特定の宗教に属さない場合でも申し込みをすることができるところ。...

more
img-3

永代供養墓を申し込むこと

永代供養墓を申し込みは、生前から行うことができます。永代供養墓を申し込み、費用を支払うと、申し込んだ証となる証明書をもらうことができます。...

more