img-1

永代供養墓を申し込むこと

永代供養墓を申し込みは、生前から行うことができます。

永代供養墓を申し込み、費用を支払うと、申し込んだ証となる証明書をもらうことができます。



申し込んだ後、自分の死後間違えなくそこに納骨してもらうことができるかということは不安要因となります。



なので、証明書を受け取ったあとは、万一に備えて、誰でも気がつくことに保管しておくことが安心な方法です。
永代供養墓について、生前相談などを行っているところや、葬儀の執行なども含んでいるところもあるので、もし不安に感じている方は、管理者に相談した上で確認しておくことと、自分が安心して申し込みをすることができるシステムのところを選ぶことが大切です。



永代供養墓はさまざまな種類があり、申し込みの状況に応じて、自分にあったものを検討することが必要です。



宗教上の条件や、規定の料金などにはどのような内容が含まれており、遺骨を何体まで納骨することができて、納骨のされかたや供養はどのように行われるのかなどを確認することが大切です。管理者からの直接的な説明を受け、確認することで、管理者の考え方などもわかるので、より安心して頼むことができます。



また、永代供養墓の料金と内容は深く関連しているため、費用だけを比較して考えず、内容もしっかりと検討した上で事情や考え方を相談した上で自分であったものを選ぶことが死後の供養に対しての悩みを解決すること繋げることができるので、とても大切です。



関連リンク

img-2

永代供養墓とはなにか

永代供養墓というのは、墓参りできない場合や、あるいは墓参りをしてくれる人がいない場合に、お寺が代わりに永代にわたって供養と管理をしてもらえる墓のことをいいます。合祀墓や合葬墓、共同墓、合葬式納骨堂などとも呼ばれ、他の人と同じ墓や納骨室に安置されることになります。...

more
img-3

永代供養墓と宗派について

永代供養墓の申し込み条件は、管理者によって異なり、生前申し込みに限るところもありますが、ほとんどの場合は故人の遺骨も受け入れることができます。永代供養墓の宗教については、宗教が一切不問で、仏教、キリスト教、神道、特定の宗教に属さない場合でも申し込みをすることができるところ。...

more