img-1

永代供養墓と宗派について

永代供養墓の申し込み条件は、管理者によって異なり、生前申し込みに限るところもありますが、ほとんどの場合は故人の遺骨も受け入れることができます。



永代供養墓の宗教については、宗教が一切不問で、仏教、キリスト教、神道、特定の宗教に属さない場合でも申し込みをすることができるところ。



伝統的な仏教の在来仏教であれば宗派は不問なところ。


永代供養墓を開設しているお寺が属している宗教や宗派に帰依するところ。永代供養墓を開設しているお寺の檀家や宗徒として、その寺院を護持もしくは奉賛ができる方なら使用することができるというところなどの、4つのタイプがあります。



大概の場合は、在来仏教ならば宗派が不問なところと、当寺の宗派に帰依するところが大半を占めます。

霊園に開設されている永代供養墓については、ほとんどが宗教が不問となっております。



申込者による会を組織して、運営しているところもあり、この場合は、各種行事などを通じて、生前から仏教を深めるとともに、境遇や考え方を同じくする申し込み同士が交流や絆を深めることを目的にしております。



会員同士がお互いに供養し合っていったり、会での活動や行事が楽しみを与えてくれたりすることもあります。

申し込む際には、開設しているところに宗派についてしっかりと確認しておき、死後どのようにして供養してもらうことができるのかなどもしっかりと説明を聞いておくことが、死後について安心感を得るためには大切です。



関連リンク

img-2

永代供養墓とはなにか

永代供養墓というのは、墓参りできない場合や、あるいは墓参りをしてくれる人がいない場合に、お寺が代わりに永代にわたって供養と管理をしてもらえる墓のことをいいます。合祀墓や合葬墓、共同墓、合葬式納骨堂などとも呼ばれ、他の人と同じ墓や納骨室に安置されることになります。...

more
img-3

永代供養墓と宗派について

永代供養墓の申し込み条件は、管理者によって異なり、生前申し込みに限るところもありますが、ほとんどの場合は故人の遺骨も受け入れることができます。永代供養墓の宗教については、宗教が一切不問で、仏教、キリスト教、神道、特定の宗教に属さない場合でも申し込みをすることができるところ。...

more